現役産科医の視点

生命誕生の現場、産科医の視点から

「食の考察 地中海料理1」 スズキのアクアパッツァ

f:id:akachann99:20150111075937j:plain 

病院のシェフにお願いして、スズキのアクアパッツァを作ってもらいました。アクアパッツァとは、魚介類をトマトとオリーブ油などで煮込んで、香味野菜を添えたイタリア、カンパニア州の料理です。カンパニア州の州都はナポリです。

日本でイタリア料理と言えば、日本特有のイタリアンイメージ料理(いわゆるイタ飯)ですが、中には本場ではNGな料理もあったりします。実は、「イタリアにイタリア料理はない。あるのは郷土料理だ」と言われるように、それぞれの地域が譲ることのできない料理なので、本当はイタリア料理とひとくくりにしてはいけないのだそうです。

アクアパッツァはイタリアを代表する魚介料理で、その土地の近海で採れた新鮮なものを利用しています。まさに、健康的な食生活として世界無形文化遺産に登録された「地中海料理」の1つで、日本でも食の地産地消、伝統食・郷土料理が見直されており、これらには健康に良い理由があります。

今回のメニューは、新鮮なスズキの切り身をメインに、ドライトマト、アサリ、オリーブの実、ペコロスを水で煮込み、香味野菜が添えられた、塩味控えめ、オリーブ油さっぱりの、とても美味しい料理でした。

カテゴリー「食の考察」では、健康に良い食事、バランスのとれた食事について医学・生理学・生化学・栄養学の面から科学的に解説していきます。